睡眠、健康、美容、ダイエットetc. 美しさを求める全ての女性へお届けするまとめサイトです。
タグ: , , ,

クワンソウ茶の飲み方

沖縄で昔から愛されており、”おきなわ伝統的農産物”にも指定。睡眠効果が実証され、企業も製品化のための契約に乗り出しているとされている、話題の眠れるお茶「クワンソウ茶」の飲み方をご提案します。飲む量は?飲むタイミングは?まとめてみました。





クワンソウ




クワンソウは、別名「眠り草」と呼ばれ、眠れないときにクワンソウを食べると熟睡できると伝えられており、沖縄では古くから飲まれていたそうです。最近では大学や企業の研究によりクワンソウの持つ「睡眠に対する効果」が実証されています。

クワンソウに関する詳しい情報は過去に記事を書かせていただきました。


クワンソウは睡眠薬ではありません。クワンソウという自然にできた植物を食べたり、煎じて飲むことによって睡眠効果が得られることから企業も注目。ドモホルンリンクルも製品は出していないものの、クワンソウのページを公開。


いまや全国の企業も注目し、沖縄まで足を運び、製品化のための契約に奔走しているそうです。

クワンソウ茶が人気




「おきなわ伝統的農産物」に指定されたクワンソウを100%使用したクワンソウ茶。こちらは、沖縄の企業が販売しています。完全無農薬製品です。

クワンソウ茶は紅茶と麦茶の間のような味で、スッキリしていて飲みやすいのが特徴。沖縄の薬局に足を運ぶと普通に店頭に並んでいます。

ネットでは、お茶以外にサプリメントもすでに販売が開始されています。また、クワンソウに含まれる注目の成分「オキシピナタニン」を含んだ健康商品も数多く販売されています。




それでは、クワンソウ茶の飲み方と、飲む量、飲むタイミングはいつがいいのでしょうか。


クワンソウ茶の飲み方




一番オーソドックスなクワンソウ茶の飲み方はお湯に溶いて飲むことです。暖かいクワンソウ茶を飲むことでリラックス効果も高まります。

夏の暑い時期であれば氷で冷やして飲んでも良いでしょう。でも、身体に浸透しやすい飲み方を追求するのであれば、お湯で溶いたあと、少し冷ましてから飲むか、常温で飲むのが良いでしょう。

また、興味のある方は違う飲み物と混ぜてみましょう。美味しい飲み方がみつかるかもしれませんね!


クワンソウ茶の飲む量



美味しく飲むためにも、各商品に飲み方が書いてあるので、決められた量に対して決められたお湯で溶かして飲むようにしてください。

飲む量については、特に制限はありません。美味しいと感じるのであればたくさん飲んでもいいでしょう。

そもそも、クワンソウ茶の睡眠効果メカニズムは、クワンソウ茶に含まれるオキシピナタニンなどの効果によってリラックスできて、リラックスできるから眠りやすくなるということです。

ですから、たくさん飲めば飲むほど眠れるようになるというのは間違いです。


クワンソウ茶を飲むタイミング



睡眠効果を促したいのであれば、就寝の30分前に飲むのがベストです。

こだわりたい方は、夕食を食べて時間が経過し胃の中が空になってから寝るまでの間に飲みましょう。

また、仕事のお昼休憩や、帰宅後にリラックスしたい時に飲むのもおすすめ。公園や自宅のリビングで落ち着きたい時に飲むのも良いでしょう。


追伸


クワンソウ茶の飲むタイミングや量については特に気にしなくてOKです。普段のお茶を飲む感じで飲みたい時に飲みましょう。ただ、睡眠を促したいのであれば就寝30分前に飲むことをおすすめします。

あとは布団の中でリラックスしていれば、クワンソウの成分の効果で、普段の1.5倍の熟睡効果が得られますよ!


0 コメント:

コメントを投稿

お気軽にコメントをどうぞ♪

合わせて読みたい

 
女性のミカタ © 2012 | Designed by Canvas Art, in collaboration with Business Listings , Radio stations and Corporate Office Headquarters